1. TOP <
  2. 参加者の声

参加者の声

一時保育補助のボランティア(Y.Yさん・大学生)
プログラムを順調に進める難しさや、子どもに対する安全配慮など、自分で考えて行動しなければいけない局面があり、難しかったところ、判断に迷ってしまう場面が多かったですけれど、周りのサポートや子ども達にも助けられ、みんなで良い経験ができたと思います。
また、事務所や現場実習など、数多く自分の財産となる経験ができました。
一時保育補助のボランティア(K.Wさん・大学生)
子どもは元気だなと思いました。あきるまで本当に全力で遊び続けているなとも気付きました。
女の子と男の子では遊ぶ好みも違うと気付きました。笑顔で接することによって、子どもも笑ってなついてくれるということが分かりました。みんなトンネルが大好きなようでした。
一時保育補助のボランティア(M.Kさん・大学生)
3~4歳くらいの子どもたちが相手だったけれど、そんな小さな頃から一人ひとり個性や特徴が出てくるんだなぁと思った。
本当に皆、遊び方や接し方が違った。私が楽しみながら子ども達に接していったら、子どもたちも心を開いてくれるということ。自然体で触れ合うことが大切なんだなぁと思った。悪いことは悪い、良いことをした時はほめるといったけじめも大切だと感じた。
子ども議会・事務のボランティア(Fさん・大学生)
私はフェミニズムや家族の問題について興味があり、特に子どもが大好き!というわけではありません。 しかし、子ども議会をはじめとした子どもたちの姿に、子どもの持つ力を感じさせられました。
またその時に、子どもから「子どもの気持ちがわからない大人が増えているのは何故ですか。」という質問が出ました。これまで私は子どもを育てる側のことばかりを考えていたのですが、これからは子どもの声を聞くことができる人にもなりたいです。
育てる側の問題も、とても大きな課題ですが、何より誰にとっても生きていきやすい社会が訪れるといいですね。 インターンシップは明日で終わってしまいますが、ここで学んだことをこれからぜひ活かそうと思います。事務局はとても明るい雰囲気で、素敵なところです。
不登校の子どもの居場所づくりのボランティア(Kさん・大学生)
メンタルフレンドとして活動に来た当初、このような活動に参加するのは初めてだったので緊張しました。 けれど子どもたちと触れ合うことによってそんな緊張もいつの間にかなくなりました。
子どもたちと一緒に活動すると自分の童心に戻ったような気持ちになり、それがとても心地良いです。また、子どもたちとの関わりを通して、コミュニケーションは言葉だけではないということを教えられました。スポーツをして遊んだり創作をしたりなど一緒に居るだけで気持ちが伝わるのだと実感しました。
私は支援者の立場ですが、逆に子どもたちから教えられることの方がとても多いです。子どもたちと共に過ごすことは日々新しい驚きや喜びの発見の連続でもあります。このような体験をするたびにボランティアに来て良かったと思いました。
不登校の子どもの居場所づくりボランティア(Mさん・大学院生)
始めはこの子どうなっていくのだろうと心配していた子が、時期が来ると自分で進路を決めたり、誰に言われなくても少しずつ学校に関心を持ち再登校したりすることがありました。また行動だけではなく、精神的にも回りに気を配られたり好奇心が身についたり成長を感じる場面もたくさんありました。このように少しずつ変わっていく子どもたちの姿を見られることがとても良かったです。
また活動を通して、それぞれの子どもの気持ちやできること、できないことを理解し、できないことをできるように、できることを伸ばすように援助することが大事だということに気付きました。しかしその一方でその子が望むことを先回りしてその通りにすることなど援助しているつもりが、実は自主性を育てるのを阻害していることがあったことにも気付きました。
不登校の子どもの居場所づくりボランティア(Nさん・自営業)
メンタルフレンドをすることによって色々な子どもたちと接することができ、とても楽しかったと共に色々学ばせていただきました。
中には初対面ではうまく話すことができない子もいましたが、自分にとってチャレンジのいい機会になりました。 時には話かけずにただ一緒にいるだけでいいことも学びました。
私は今、個人的にチャリティイベントのお手伝いをしていますが、子どもとの接し方という面ではここで学んだことはとても大きいです。どうもありがとうございます。
不登校の子どもの居場所づくりボランティア(Nさん・専門学校生)
メンタルフレンドとして約1年活動をしました。その中での体験は全て自分の自信につながったと思います。人との関わり方を難しく考え、初めは不安で泣きそうにもなりましたが、子ども達と過ごす中で「自然体」「相手を思いやる」ということを学び、毎日がとても楽しくなった気がします。
自分の考えを持っている子や慎重な子、本が好きな子。色々な個性や可能性を持った子ども達と接していると、 私自身を見つめ直すきっかけにもなったと思います。忘れそうになっていた子ども独特の考え方や目線、夢や不安など、子ども達から色々なことを教えてもらいました。ほっとスペースの子ども達の優しさは、「がんばろう」と思える力にもなったと思っています。
子ども達から「ありがとう」という言葉を何回ももらいましたが、その何倍も「ありがとう」と伝えたいくらい、 たくさんの元気とやさしさと思いやりをもらったと思いました。
相談してください
24時間電話教育相談
教育相談、子育て相談
関係機関の方へ
子どもとともに
不登校の子どものために
10代の居場所づくり
子育て支援
「カシオペイア」の一時保育
つどいの広場
非行の子をもつ親の会
子育て支援の情報集
教育現場とともに
学校への協力
放課後児童支援員研修
知ってください
「子どもの権利条約」とは
広報誌「インファーノ」
教育・NPO関係リンク集
協会について
理念
団体概要・アクセス
あゆみ
役員の紹介
事業報告
会員について
ボランティアについて
参加者の声
ページの先頭へ戻る